酵素で食べないダイエット

酵素ダイエットで食べないダイエットをする

酵素ダイエットの効果を知るためも

私は34歳の専業主婦です。
出産後に太ってしまい、以来なかなか体重が元に戻りません。
いろいろなダイエットも試してみました。しかし、ことごとく失敗。一時的に痩せることはあるのですが、その後必ずリバウンドしてしまうのです。

今は、専業主婦で幸い自分の時間が持てるようになりましたので、毎日30分程度はウォーキングをするようにしています。
ウォーキングのよいところは、気軽に始められるという点です。特別な道具も要りませんし、気の向いた時間に1人で始められます。

しかし30分歩き続けても、消費できるカロリーはがっかりするくらい少ないのです。わずか80〜130kcal程度なのだそうです。
おにぎり1個がおよそ200kcalですから、頑張っても本当に大したことがないなあと思ってしまいます。

しかも、歩くとその分お腹が空いてしまってご飯が美味しくなってしまうし、そもそも私は大の甘いもの好きで、毎食後のデザートは欠かせません。

そんな私ですが、一念発起してまたダイエットにチャレンジしようと思っています。

私を含めて現代人は概して食べすぎの傾向があります。ですから、単純な話ですが、食べなければある程度痩せることは可能だと思います。

しかしファンスティングやプチ断食には、カロリー摂取量を減らすという以外にも胃腸を休めるということにポイントがあるようです。

食べ物を消化する必要がないと、体内の消化酵素を使わずに済みます。するとこの酵素を代謝に回すことができるのだそうです。ダイエットでは代謝を上げることが重要ですので食べないダイエットは効果があるというのです。

しかし、実は私は以前にとにかく食べるのを我慢する。というダイエットで失敗したことがあるのです。ひどくリバウンドしてしまいました。ですから、今回は念入りに下調べをしてから実践することにしました。

まず、やみくもに食べるのを我慢するのでは、ストレスがたまってあとで一度にたくさん食べてしまってリバウンドする。というのは実証済みです。

実は、食べるのを我慢して空腹になりすぎてしまい、一度にたくさん食べてしまう。という流れになると血糖値が乱高下してしまうのだそうです。

血糖とは文字どおり血液中のブドウ糖のことでです。炭水化物などの糖質が体に入ってくると分解されてブドウ糖になり、血流に乗って全身を巡ります。このブドウ糖がインスリンによってグリコーゲンや中性脂肪に変えられて体に蓄積されるのだそうです。

お腹が空いたところへ急に糖質が入ってくると血糖値が急上昇し、インスリンが分泌されて中性脂肪がたくさん作られてしまうのです。
ですから、食べないダイエットで重要なのは血糖値のコントロールなのだそうです。

そこで今私が注目しているのは、1日のプチ断食をして、夜の18時以降は食べないというダイエットです。さらに酵素ドリンクも取り入れたダイエットなのです。酵素ダイエットについてはこちらをチェック。

まず、1日何も食べずに過ごします。もちろん水分補給は十分にします。さらに、お腹が空きすぎるとあとで1度に食べすぎてしまうので、ミネラルウォーターだけではなく酵素ドリンクを飲むのです。酵素ドリンクを飲むことでさらに代謝が高まりますからプチ断食にはぴったりなのだそうです。

さらに18時以降食べないダイエットもやってみることにします。
やはり同じ食べるのでも、夜に食べたものは脂肪になりやすいのだそうです。特に夜の10時〜夜中の2時までの時間帯は脂肪ができやすいのだといいます。

ですから18時までに食事が終わっていれば、夜10時には血糖値も下がり、消化が済んでお腹も空になっているというわけです。

また、18時以降全く食べないのではなく置き換えで酵素ドリンクを飲むのです。
もちろん18時以降食べないからといって、それ以前の時間に暴飲暴食をするのはNGです。

この方法で期間を決めて、まずは2週間頑張ってみようと思います。